性の目覚め(ちょっと意味が違うけど)

とりあえず自分のセクシャリティーに気付いた時のことでも。
初恋は小学校の時、男の子でした。
唯一本気で男の子のことを好きになったときではないかと。
バレンタインにチョコレートあげたりもしたなあ・・
でも今よくよく考えたら好きな女の子も2人ほどいたような気もします。
友情の好きだったのか、恋の好きだったのかはわかりませんが。
小学校5年まで私はアメリカで暮らしていたので
その時好きだった(かもしれない)女の子は二人ともアメリカ人でした。
二人とも複雑な家庭の子だったんですが、
人見知りしてフゲフゲしてる私に、それはそれは優しかったです。
腕ねじ上げられて泣かされた覚えもありますが。
もちろん遊んでいてです。のはずです。

本題です。私が女の子のことを「恋愛対象として好き」と気付いたのは
中一のときです。
中高一貫の女子高に入学して、ほとんど男の子のような外見で、
毎日走り回っていました。
正直人生で最もぶっちゃいくな時期なので写真見たくないです。
この時、好きな子は二人いました。
同い年のクラスメートと、3つ上のクラブの先輩です。
同い年の子とはギャーギャー追いかけっこしてるような関係でした。
つい構って欲しくてちょっかいだしまくってました。
小学生男子並みです。
3つ上の先輩は本当に好きで好きで好きで好きで、
話せたらドキドキするし、顔見れたら一日どころか一週間幸せでしたし、
夢にも出てきてましたし、なんとか構って欲しくて頑張ってました。
今思い出してもせつないです。
まあそんなこたあどうでもよろしですね。

女の子をスキってことは当時はわかっていましたが、
意識はしてませんでした。
ここが今でも自分で理解できないのですが、
女の子を好きなことはたぶん「普通ではない」とわかっていたとは思うんですが、
それが悪いこととか、いけないことであるという所までは意識してなかったと思うんです。
女の子が好きだってことに気付いていたことは覚えてるのですが
それで罪悪感を感じたとかいう覚えはないんです。
よっぽどボーっとした人間だったんでしょうか。
それとも私がただ覚えてないだけなのでしょうか。
どっちにしろ呑気すぎます。
高校の時は女の子と付き合うなんてこと考えもしませんでした。
私には双子の妹がいまして、高校のときはクラスも一緒でした。
通学も、クラスにいるときもずっと一緒です。
当時好きだった(ふりをしていた、というか思い込もうとしていた)男の子も一緒でした。
バレンタインチョコも一緒にあげました。
(しかも二人で一個。ケチ。お返しはちゃんと2つだった。ごめんなさい。)
仲いい子も一緒です。
女の子と付き合うスキなんてありませんでした。
それは今も変わらないんですが・・・
互いに知らない知り合いはいない。という感じなので。

高校一年の時にはおそらくいい感じだった子がいたのですが
(私の勘違いでしたら、相当穴を掘ります。)
私は気付かないふりをしてました。
今思えばもったいなさすぎるなあ。
罪悪感は感じていなかったのですが危機感は感じていたんだと思います。
なにか関わるとやばいことになるかもしれない、という。
若かったんだからそんなこと気にしなくて良かったと今なら思うんですが。
でもやはり同じ学年に妹がいるというのは大きい気がします。
ハメははずせませんでした。
そんな噂がたつことすらありえないことでした。
それにうちの学校はおそらく他の学校よりも同性愛みたいなことに
嫌悪感を持つ人が多かったのではないかと最近思います。
高校の友達でもそういうことを受け入れてくれそうな人はあまりいなそうだなあ・・

大学に入れば、男の子を好きになれると思ってました。
高校のときは女の子しかいないから、そうだっただけで、
男の子がまわりにいれば男の子をすきになれるはず、と。
そんな期待もむなしく、早速登校初日に女の子に一目ぼれした最低な私なんですが。
その子のことは大学4年まで気になってました。
一途と言ってくれ。
なので、男の子のことを好きになったときは心底ホッとしました。
よかったー男も好きになれるんじゃん、ほらねー大丈夫大丈夫。
と意味不明に安心してました。
なんだかんだで大学1、2年の時は男の子を好きになっていました。
それでもやっぱり道歩いてて目が行くのは女の子ばかりでしたが・・
まあそれは気にしない気にしない。
ああ、このまままっとうな道を歩ける!と思っていました。

でも、この頃また女の先輩に惚れてしまいまして。
さすがのワタシも悩みました。
やっぱり私が好きになるのは女の子なんだと。
人生を悲観とまではいきませんが、
あーもーこの先ずっと独りで生きていくんだろうか、と悩みまくりました。
絶対にばれてはいけない想いだと思ってました。
でも、好きな人と会えばドキドキするし、話せばうれしくて仕方ありません。
まあ、結局ネットでそういうページを見るようになって
私はかなり落ち着きました。
こんなにいるんだ、ということに驚きましたし、
皆が堂々と生きていることにも驚きました。
10〜30人に一人は両性愛者か同性愛者(ちょっと違うかも)という事実にも相当励まされました。
日本の場合は少いそうなんで30人に一人くらいでしたっけ。
周りを見ながら、この人はそうか?それともこの人か?
と思いながら妄想を膨らます余裕すらでてきました。

まあ、結局私は時々気まぐれに男性も好きになるので、
バイっちゃーバイなんですが、
基本的には圧倒的に女性が好きです。
もうそれはどうしようもないくらいに。
こんなにステキな生き物を作ってくれてありがとう神様、と思うくらいに。
男には適当ですが、女の子には優しいです。

で、何が書きたかったんでしたっけ私は。

2004.12.23